障害等級認定について

Pocket

障害等級は、介護が不必要な場合1級から14級までとなる14段階に分類されています。等級数が少ない程、障害の程度は重いものとされます。また、障害等級の14級は障害を負った部位によって1号から9号まで分類されており、14級は労働能力損失率5パーセントと判断されています。これらの等級認定は損害保険料率算出機構が決定しますが、認定された等級や保証金に納得いかない人も実際多くいます。そんな時は、弁護士に相談する事をお勧めします。専門知識や経験、交渉術によって、大きく変わってきます。

後遺障害の申請方法は、事前認定と被害者請求があります。一般的に有利な認定結果を得られるのは被害者請求です。しかし、必要書類の収集や作成などの手間が掛かり、費用も自己負担となる為、弁護士に依頼した場合は被害者請求をする必要性があるか、事前申請の手続きで足りるのではないかなどの比較検討をします。石による診断で、後遺障害が明らかである場合は、事前申請で足りてしまう事も少なくありません。後遺障害の判断が微妙である場合は、被害者請求する場合が多いです。その場合、弁護士が担当医に追加検査の依頼や、直接担当医と面談して後遺障害診断書の内容の協議や修正依頼をします。こういった場合、専門知識のない一般人が全ての準備、申請をするのは難しいので、専門家である弁護士が代理で手続きを行ってくれます。

Comments have been closed/disabled for this content.