弁護士に依頼するメリット

Pocket

交通事故に遭った際、弁護士に依頼する場合はできるだけ早く依頼して、不利にならないよう適切なアドバイスを受ける事が大切です。ここでは、被害者が弁護士に依頼するメリットについて、ご説明します。

まず、賠償額が増額する事です。被害者が自身で相手の保険会社と交渉した場合、保険会社の基準で慰謝料などを算出し、できるだけ低い金額を提示してきます。当然、内容に関する内訳書などが添付されてきますので、たとえ納得のいく内容でなくても、被害者はきちんと計算された金額と考え示談してしまうケースが多いです。実際は、保険会社の基準はかなり低く、利益が上がる事を目的に設定されているのです。賠償額に不満がある場合弁護士に依頼すると、裁判所の基準で示談交渉をしてくれ保険会社が提示してきた賠償額よりも増額される可能性が高くなり、正当な補償額がもらえます。次に、相手に対抗できるよう、法的な主張をしてもらえる事です。専門知識のない被害者が反論してもなかなか納得のいく結論を得られません。専門家である弁護士は、実況見分などの記録を取り寄せて分析し、被害者が有利となる点を強く主張してくれます。知識のない一般人では太刀打ちできなくても、専門家の弁護士が法的見解を行う事で、被害者が望む結果が得られる可能性がグンと高くなります

Comments have been closed/disabled for this content.