交通事故に遭った際、弁護士に依頼する場合はできるだけ早く依頼して、不利にならないよう適切なアドバイスを受ける事が大切です。ここでは、被害者が弁護士に依頼するメリットについて、ご説明します。

まず、賠償額が増額する事です。被害者が自身で相手の保険会社と交渉した場合、保険会社の基準で慰謝料などを算出し、できるだけ低い金額を提示してきます。当然、内容に関する内訳書などが添付されてきますので、たとえ納得のいく内容でなくても、被害者はきちんと計算された金額と考え示談してしまうケースが多いです。実際は、保険会社の基準はかなり低く、利益が上がる事を目的に設定されているのです。賠償額に不満がある場合弁護士に依頼すると、裁判所の基準で示談交渉をしてくれ保険会社が提示してきた賠償額よりも増額される可能性が高くなり、正当な補償額がもらえます。次に、相手に対抗できるよう、法的な主張をしてもらえる事です。専門知識のない被害者が反論してもなかなか納得のいく結論を得られません。専門家である弁護士は、実況見分などの記録を取り寄せて分析し、被害者が有利となる点を強く主張してくれます。知識のない一般人では太刀打ちできなくても、専門家の弁護士が法的見解を行う事で、被害者が望む結果が得られる可能性がグンと高くなります

障害等級は、介護が不必要な場合1級から14級までとなる14段階に分類されています。等級数が少ない程、障害の程度は重いものとされます。また、障害等級の14級は障害を負った部位によって1号から9号まで分類されており、14級は労働能力損失率5パーセントと判断されています。これらの等級認定は損害保険料率算出機構が決定しますが、認定された等級や保証金に納得いかない人も実際多くいます。そんな時は、弁護士に相談する事をお勧めします。専門知識や経験、交渉術によって、大きく変わってきます。

後遺障害の申請方法は、事前認定と被害者請求があります。一般的に有利な認定結果を得られるのは被害者請求です。しかし、必要書類の収集や作成などの手間が掛かり、費用も自己負担となる為、弁護士に依頼した場合は被害者請求をする必要性があるか、事前申請の手続きで足りるのではないかなどの比較検討をします。石による診断で、後遺障害が明らかである場合は、事前申請で足りてしまう事も少なくありません。後遺障害の判断が微妙である場合は、被害者請求する場合が多いです。その場合、弁護士が担当医に追加検査の依頼や、直接担当医と面談して後遺障害診断書の内容の協議や修正依頼をします。こういった場合、専門知識のない一般人が全ての準備、申請をするのは難しいので、専門家である弁護士が代理で手続きを行ってくれます。

交通事故は誰でも起こり得る事です。もし被害者になった場合は保険会社から説明や指示を受けた上で、示談金が提示されますが、誰しもが納得出来る金額ではなく、保険会社を相手に示談金の増額を求めても大抵の場合は無理なのです。こういった場合最大限の権利や利益を確保するには、交通事故の専門家である弁護士に相談するのが最も確実な方法です。ここでは、交通事故の際の弁護士の仕事について、ご説明します。

示談交渉では、治療費や療養などで休職した場合や後遺症により働けなくなった場合、本来得られるはずだった賃金、精神的苦痛に対しての保証金などを相手に請求します。保険会社は様々な理由をつけて、出来るだけ低い金額を提示してきます。算定基準は複数あり、弁護士は適正な金額を算定し、被害者の代理となって保険会社と交渉をし、被害者が納得のいく解決へと努めてくれます。また、示談成立後は示談書の作成やその他あらゆる手続きを代行して行ってくれます。示談書は一度署名、捺印をしてしまうと解決した扱いになる為、相手方に請求は2度と出来なくなります。弁護士は専門的な視点から示談書の内容について検討し、依頼者に有利になるような示談条件を提案して依頼者が納得いくようなものを作成してくれます

弁護士は法律の専門家であり、私たちには難しい様々な争い事や法律問題を解決してくれます。また、あらゆるトラブルに対しての予防法やアドバイスも行ってくれます。ここでは、弁護士の仕事内容について、ご説明します。

争いには大まかに分類すると、民事事件と刑事事件があります。民事事件とは、企業同士の争いや、離婚問題や相続問題など個人と個人との間の権利や法律関係に関する争いです。このような争いが起きた場合、弁護士は当事者の代理人となって主張や要望などを聞き、法律的解決を行います。刑事事件とは、窃盗、殺人などの刑法上の犯罪が対象となり、裁判にて犯罪の刑罰などを決定する事件です。人間はたとえ殺人犯でも、皆公平な裁判を受ける権利があるという事から、弁護士は被疑者、または被告人側の弁護もし、検察官と争う事もします。また、えん罪を防ぐ為に証拠などを提出し、正当な判決がされるようサポートします。

交通事故の場合、加害者は刑事か民事の責任が問われます。民事事件の場合、損害賠償という形でお金を支払う責任の事であり、刑事事件の場合は、交通事故を起こした加害者が刑罰を受ける事です。交通事故で民事事件になった場合、弁護士は被害者の代理となって保険会社などと交渉し、賠償金額の増額や後遺障害の等級を上げる為に全面的にサポートしてくれます。また、その際の煩わしい手続きなども全て行ってくれます。刑事事件の場合は、早期釈放や示談へ持ち込む為のサポート、被害者への謝罪など、加害者の弁護活動をします。