交通事故での弁護士の仕事

Pocket

交通事故は誰でも起こり得る事です。もし被害者になった場合は保険会社から説明や指示を受けた上で、示談金が提示されますが、誰しもが納得出来る金額ではなく、保険会社を相手に示談金の増額を求めても大抵の場合は無理なのです。こういった場合最大限の権利や利益を確保するには、交通事故の専門家である弁護士に相談するのが最も確実な方法です。ここでは、交通事故の際の弁護士の仕事について、ご説明します。

示談交渉では、治療費や療養などで休職した場合や後遺症により働けなくなった場合、本来得られるはずだった賃金、精神的苦痛に対しての保証金などを相手に請求します。保険会社は様々な理由をつけて、出来るだけ低い金額を提示してきます。算定基準は複数あり、弁護士は適正な金額を算定し、被害者の代理となって保険会社と交渉をし、被害者が納得のいく解決へと努めてくれます。また、示談成立後は示談書の作成やその他あらゆる手続きを代行して行ってくれます。示談書は一度署名、捺印をしてしまうと解決した扱いになる為、相手方に請求は2度と出来なくなります。弁護士は専門的な視点から示談書の内容について検討し、依頼者に有利になるような示談条件を提案して依頼者が納得いくようなものを作成してくれます

Comments have been closed/disabled for this content.